I am a kashibashiminⅡ


by kashibashimin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

身体意識

最近のトライアスロンの雑誌に、
非常に興味のある記事があった。

筆者は、藤原裕司氏。
この方、44歳でありながら、
宮古島ストロングマンで、ここ3年6位ー6位ー7位と
すばらしい成績を残されている。
自分の中で、、もっとも尊敬するトライアスリート。

内容は、身体意識に「リバース」というものがあるそうで、
相手を思いやったり、相手のことを理解しているという感覚を生み出したり。
そういった中で、相手の力を自分の力にしたりできるそうです。

マラソンの高橋尚子選手は、人々の応援する気持ちから生まれるエネルギーを
集めるのが得意で、シドニー五輪のシモンを振り切ったのは、リバースから入った人々の応援のエネルギーであるとも。


自分でも、その身体意識「リバース」を体験している。
近いものでは、大阪府の山岳マラソンで。
登山道の脇での応援、
家族や親、友人の応援。
そういった人たちの心のエネルギーは、
負けそうになった自分を奮い立たせ、
好成績を残せたと思う。

でも、この感覚(リバース)は
高校の頃から感じてた身体意識。
そのころから、苦しくなればなるほど
心のこもった応援をいただくと、
涙ぐむような感覚が生まれ、
劇的なパワーを出せた。

この不思議なパワーを満喫できるのは、
やっぱり
「24時間リレーマラソン」
とくに参加選手同士の応援は、ほんと気持ちいい。
これは、応援されても応援しても同じパワーが出る。

そこには、
冒頭の「相手を思いやったり、相手のことを理解している」
という人間として尊い意識が存在していると思う。
[PR]
by kashibashimin | 2008-07-09 01:22 | 日常