I am a kashibashiminⅡ


by kashibashimin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2006年 11月 28日 ( 1 )

因島@みかん

a0081406_23435226.jpg

11月24~26日まで、広島県尾道市因島へ。
※尾道市と因島市が近頃合併。我が因島が吸収されたのだ。

9月に伯父が他界し、現在伯母のみが母屋を守っている。
この季節、みかんの収穫時期。
そこで、ワタクシ助っ人に。

まぁ、全収穫からしてみれば
私の手伝ったことなど、極わずか。

伯母 「来年は、このみかんも放任(手をつけない)するしかないわ」と・・・。

この広いみかん畑を、伯母一人で営むのは困難。
なんせ、もう70歳だ。
しかし、よく働く。
感心する。

伯父の従姉妹のEおばさんが泊まりこみで手伝いに来てた。
a0081406_2359488.jpg

左から、カシバー・伯母・Eおばさん

このEおばさんですら76歳。
ほんと、因島においてみかん関係の人材不足は深刻。

何十年も前に、祖父が祖母が、一生懸命に苗を植え
大切に育ててきたこの畑。
伯父・伯母へと引き継がた。
そして、伯父亡き今、伯母のみ。
この畑。
今年で終わるのか思うと悲しい。
出来ることなら、私が引継ぎたいものだが・・・
それも許されない状況。
ほんと、自分の力なんて小さいもの。
世の中には、どうにもならないことが多すぎる。
この先、どうなるのだろうか?
と、思いにふけりながら帰路につく。

みかんは、いつになく豊作。
原因は、撤果作業が出来なかったことによる。
これは、伯父の仕事だったが、
闘病中だったため手付かず。
それで、鈴なりに。
しかし、味は抜群!
やっぱり、因島のみかんは最高。
a0081406_0151564.jpg

a0081406_0153624.jpg

上・下 因島大橋を渡り因島へ

a0081406_0162942.jpg

a0081406_0183480.jpg

上・下 味自慢のみかん
a0081406_0195093.jpg

a0081406_0201458.jpg

上・下 HONDAエンジン搭載の運搬機とカシバー
a0081406_0203515.jpg

因島大橋
[PR]
by kashibashimin | 2006-11-28 00:22