2006年 11月 08日 ( 1 )

スイカ先輩とカツ

a0081406_191111.jpg

a0081406_195560.jpg

上 スイカ先輩
下 後輩のカツ
※photo 近畿大会

この二人、S中学時代の私の先輩と後輩。

スイカ先輩。
私が、中学へ入学し野球部へ入った時の最上級生だった。
中学時代といえば、3年生と1年生では天と地。
ほんと、厳しかった。
体力も体格も、何もかもが違いすぎる年頃。
3年生が白といえば白。
黒といえば黒。
完全なるタテ社会。
1年生には、色々大きく言う人が多かったが、
スイカ先輩は違った。
寡黙で、冷静。
でも、野球には熱い男だった。
ショートでいつも光ってた。
憧れの先輩。
その熱き思いは今も健在。
純粋に野球を愛してる先輩。

カツ。
一つ下の彼。
2年間一緒に野球をした。
お互い、苦しい練習を乗り越えたよな。
当時は、今では考えられないことがたくさんあった。
「絶対、水のむな!」
「倒れるまで声出せ!」
などなど・・・。
それに、現在では危険視されてる「ウサギ飛び」
200mのトラックを、何週もされられた。
一緒にやったよな。
ほんと、毎日の練習が怖かった。

先輩と後輩。
今から、25年前に始まった関係。
それが、今も続いてる。
部活の素晴らしい産物だと思う。

以前にも書いたが、この二人と今も同じチームで野球をやってる。
そして、そのチームで近畿大会へ。
あの皇子山球場で戦った。
一生忘れられない。
[PR]
by kashibashimin | 2006-11-08 01:33